大阪駅前リサイクルショップ「リセールキャビン」 金・プラチナ・貴金属・ダイヤ・ブランド品・興行券などいろいろ買い取ります

ダイヤモンド高価買取強化中

鑑定書をお持ちの方は一緒にお持ちください。もちろん鑑定書がなくてもOKです。研磨されたダイヤモンドの価値は、カラー(色)Colour、クラリティ(透明度)Clarity、カット Cut、カラット(重さ)Caratの4つの要素で決定されます。経験豊富なスタッフがそれらを確かな目できちんと鑑定。高価で買取りいたします。

ダイヤモンドの価値

ダイヤモンドの価値
ダイヤモンドの価値が決まるのは4Cと言って4つのCがあります。それはColor(カラー・色)、Clarity(クラリティ・透明度)、Cut(カット)、Carat(カラット・重さ)の4つの要素です。これらの鑑定基準を掘り下げていきますと、カラーにおきましてはダイヤモンドの特徴として最上の無色を筆頭に徐々に黄味を帯びていきます。D~Mの10段階に分けられ、Dランクが最上級となります。無色に近いほど光を通貨させるためダイヤモンド特有のレインボーな輝きを放ちますがピンク・ブルー・パープル・グリーン・オレンジなどのカラーは希少価値が高くなります。クラリティは透明度を判定するもので11段階に分けられます。ダイヤモンドはその性質から結晶化しなかった炭素が僅かに内包されている場合があり、これをインクルージョンと呼んでいます。また傷も合わせて判断します。インクルージョンと傷が少ないほど価値が高まりますが肉眼で発見するのが難しいので10倍のルーペを用いて鑑定します。全く無傷でインクルージョンがないものほど価値が上がります。

カットや重さ・色・透明度がポイント
ダイヤモンドをいかによく輝かせるかの重要な鍵を握る要素としてカットがあります。カットは石そのものの質によるものではなく、人間の手によってその価値を高めることが出来ます。カットは光の屈折を決めるプロポーションと研磨によって引き出されるもので最も美しさを引き出す形の代表格ではラウンドプリリアンカットで、他にオーバル、ハードシェーブ、マーキズなどのカットがあります。グレードはEX~POの5段階で評価されます。カラットはダイヤモンドの重さの単位で1カラットは0.2gに相当します。

輝くダイヤモンド
古きは紀元前500~600年頃、インドのカロブというダイヤモンドを計る際に使用していた錘用の豆が語源でこの豆一粒の重さはほぼ0.2gということです。このことからもダイヤモンドは古い時代から人と関わる歴史を感じさせてくれますね。限りなく無色に近いダイヤモンドはその輝きも宇宙に通じる神秘を感じるほどです。不純物のない岩石を人間の手によってカットし、磨き上げ、その美しさを最大限に引き出していくダイヤモンド。4Cをしっかりとした目で鑑定するからこそ、本当の価値も生まれて来るのですね。石は大きいほど輝きを放ちますが、小さいものであっても十分に価値はあります。結婚指輪のようにいつもキラリと輝くダイヤモンドはいつの時代も女性の心を釘付けにします。

鑑定士のプロがきちんと査定

お手持ちのジュエリーは今こそ使わなくなったかもしれませんが購入当時はそれ相応の金額を払い、お気に入りのアクセサリーとして身につけていたことでしょう。年数が経ち、お手入れをしていなければ当初のような美しさを感じないかもしれませんがプロの鑑定士による査定はカラー、透明度、カット、そしてカラットの4つの要素でしっかりと見ます。確かな目できちんとした評価をするには鑑定士の資格は勿論のこと、多くの経験が物を言います。宝石はあなたの財産になります。それだけに適正な価値を査定する必要があります。特にダイヤモンドは宝石の中でも希少価値が高く、商品としても大変人気の高いものです。ダイヤモンドの査定で重視されるのはダイヤモンドの状態です。そのため古いものであったり、装飾品が取れてしまっていたりしても査定額に大きく響くことはなく、ダイヤモンドの状態が良ければ買い取りされる可能性が高くなります。しかし専門的な知識を持っていない鑑定士が査定を行ってしまうと相場に近い価格よりも下がった金額での買い取りとなることも有り得ますので少しでも高価買い取りをしてもらいたいという場合は経験豊富なプロの鑑定士がいるかというところが大きなポイントとなります。

輝くダイヤモンド

鑑定書がなくても、小さなダイヤもOK!

ダイヤモンドを売りたいとお考えの方、ご自身のダイヤモンドはとても小さいからとか鑑定書を無くしてしまったからなどで躊躇されている方もいらっしゃることでしょう。鑑定書は引越しなどでいつの間にか無くしてしまう事も珍しくありません。買い取りの際にあるほうがいい証明書ではありますが、あったとしても参考程度に過ぎず、実物を4つの要素から鑑定して査定しますので仮に無かったとしても査定価格に影響するものではありませんのでご安心ください。また大きさに関しましても例え小さくてもダイヤモンドには変わりありません。仮に大きくても黄味を帯びて傷もあるダイヤモンドよりも、小さくても無色に近く透明度に優れているものでしたら高価格での査定がなされます。大きさに関係なく、どのような小さいものでもダイヤモンドである限りしっかりとした鑑定でダイヤモンドの買取価格に基づいて査定されます。一円でも高い査定が出来ますよう努めておりますのでどうぞご安心ください。いくら鑑定士がいても経験が浅いと安い金額しかつかないことがあります。経験豊富を生かして確かな目でしっかりと鑑定しますので高価買い取りを実現するよう努めております。お手持ちで手放すのを悩んでいるダイヤモンドがありましたら先ずは鑑定に出してみませんか。

お気軽にご相談ください!

このページの先頭に戻る